読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの雑記

アラサーエンジニアが適当に書き散らかしてます。

政治を語る魔法少女-魔法少女プリティ☆ベル-

肌色が多い魔法少女漫画

魔法少女プリティ☆ベル(1) (BLADE COMICS)

魔法少女プリティ☆ベル(1) (BLADE COMICS)

主人公はこんな人

f:id:beli:20150211184720p:plain

肌色部分は置いておいて、この漫画の面白いと思う所は、バトル物に必然のパワーインフレが政治という形で押さえられているところ。

バトル物って結局の所、最後は主人公が勝つ訳で、でも主人公が楽勝過ぎても盛り上がらないので必然、強い敵が出て、それに勝つために主人公が強くなって、そしてさらに強い敵がでてと、だんだんと強さが上がっていく。

プリティ☆ベルも、主人公はすごく強い。
でも、単純に魔法戦で話が進むのでは無く、政治的な駆け引きやらが入ってきて面白い。

上手く説明ができないが、民主主義や平和主義について、漫画で学ぶ感じだろうか。 フィクションと現実を混同するのはよく無いが、なるほどな感じ。

狼と香辛料やまおゆうで経済について学ぶ感じににてる。

ちなみにまおゆうの漫画は色々出てるが石田あきらさんのが好き